辣韮の憂鬱
Koach's Blog
常備
梅雨で雨がうっとうしい。

晴れりゃ晴れたで蒸し暑い。

どうにかならんもんかね、この時期。

やっぱ冷たいビールが定番?

いやいや。

不快指数を下げるにはコイツだろ。



つってもオールシーズン、
常時 家にあるんだけどね。

一年中 食ってる(笑)
_
小判
昨日は平尾にある

洋風居酒屋 クロスローズ

の7周年パーティーに行った。

珍しく飲む気満々で、自転車に乗って(笑)

よく聞く、喉が渇いても我慢した後のビールは最高!を、
是非とも体験したく、昨日の蒸し暑い中、15時から水分を一滴も取らず、
一気にビールをガーッと。

やっぱマズイね、ビール(笑)

マウンテンデューの方が100倍美味いね。

案の定、結構な早さで酔っぱらってしまい、
ゴキゲンな時期はアッという間に過ぎ、
暗黒の気持ち悪いゾーンへ。

飲まなきゃイイのに(笑)

で、お待ちかねBINGO大会。

あまり早い段階で「ビンゴ~!」と叫んだ記憶はなく、
期待してなかったんだけど。

あれよあれよの、まさかの

「ビンゴ~!」

と叫んだは一等賞!

いや~、今年は一味違うぜ。
誰かさんと一緒、厄なんだけどさ。
お祓いなんか行ってないし。

え~と、賞品は…



豚に真珠

猫に…
_
阿亀
いやいや、そういや今日
俺もちょっと癒されちゃったよ~(笑)



母さん指にとまって欲しかった…(笑)
_
父親
トム・ハンクス繋がりでもう一発。

こちらは主演ではなくて
監督&脇役。
意外や意外のバンドモノ。
トムさん、ビートルズが好きなんだなぁ。

「すべてをあなたに/THAT THING YOU DO!」

まぁ定番の、
若者がバンドつくって、
成功と挫折の…青春やねぇ~
って映画。

トムさん、作詞も作曲もしてるらしいけど、
これがまた曲がよくできてる。
いい曲だ。
コノ手の映画は曲がよくないと話にならないよね。

観たあと幸せ系。

なにがどうって、
ヒロイン役のリブ・タイラーの
神がかり的に可愛いこと可愛いこと!

なんであんなにお父さんに似てんのに
可愛いんだろね?
不思議だ…(笑)

主人公、地味。

あ、いい映画だよ(笑)


桜坊
トム・ハンクスはいい。

どの映画も安心して観れる。
ちょっと抜けたというか、童心が共存した大人というか、
そのキャラクターのおかげで
純粋な人間は最終的に
最悪にはならないだろう的に観れて、
安心して観れる。

最近のはそのせいでハラハラ感が得られなくてあんまり好きじゃないけど…。
あと、「フォレスト・ガンプ」みたいに
CG駆使してます!ってのも
アラ探しに意識がいってしまって嫌だ(笑)

1988年制作の

「Big」

は、そんな若かりしトム・ハンクスの魅力炸裂の、
何回観ても観終わった後に ほのぼのとした、
何とも言えぬ思春期の感情を思い出させてくれる。

主人公の12才の少年、ジョッシュが移動遊園地で「大人にして!」と願うと、翌朝目覚めると大人になってた
って話なんだけど、
まぁトム・ハンクスのハマってることハマってること。

コノ手のあり得ないファンタジー系の話ってさ、
どれだけ見てる側を惹きこんで
リアルに感じさせるかってことに尽きると思んだけど、
どんどん惹きこまれていく。

童心。
大人になることへの不安。
大人の女への恋心。

大人と子供が共存する一歩手前の
最後の少年時代ってこんな感じだったかなぁ。

俺…ずいぶんと
汚れちゃったなぁ(笑)