辣韮の憂鬱
Koach's Blog
妖刀
この時期は世間のご多聞にもれず
忘年会なんかしてる訳で、
昨夜は今年最後(になればイイけど)の忘年会、

“THE SQUEEZEと愉快な仲間たち編”

でした。

井尻の小さな居酒屋を仕切って
いつも来てくれる人たちも呼んで
ちょっとアコギでもガシャガシャしながら
ワイワイ飲んで騒ごうぜ~的な。

と、言うわけでチョー久々

Borders



あ、間違えた。(笑)



仕事を終えバタバタと
トナカイならぬ、
クロネコ(ヤマト)が運んで来たサンタからのプレゼントを取りに行く。

音を出すのが
いきなりライブとは。(笑)

居酒屋は貸し切りで
見知った顔ばかり。

逆に照れ臭くて緊張するとかしないとかあるけど
ワイワイガヤガヤ
それはもう楽しい時間を過ごしたよ!

まーそのなんだ、

みんなありがとー!







やまちゃん、
カホン カモーン!



ちょっと一曲 歌ってみました。
たまにはね~。(笑)





【p.s.】

と言うわけで
これから末長く添い遂げることになるであろう
このハチ鳥ちゃん。

俺にとってギターにおいて何が大切かと言うと、
ルックスはモチロンなんやけど

“俺を弾く気にさせる”

なんよね。

弾いてて楽しくないギターは
ホント楽しくない。
弾きたくなくなってしまう。

逆にしっくり来るヤツは
ずーっと弾いていたくなる。
弾くことをやめられない。

この娘、
そりゃもう気持ちイイことイイこと。
俺をメッチャ楽しい気持ちにさせてくれる。

一度弾き始めると やめられない。
もう とまらないの。

それはまるで
手にすると人を斬りたくなる

“妖刀 村正” のように。(笑)


【p.p.s.】

そんな、
恋の虜に落ちてしまったハミングバードやけど。

なにせ古いギターである。
俺のイッコ上やけん
46年前のギター。

でも俺はコレクターでもないし、
プレイヤーズ・コンディションであれば文句はない。

むしろ年季が入って
ボロボロの貫禄のある方が好きだ。

でもね、

そう、

ライブが終わって
酔ったナオキがちょっと弾いたら…



ピッキング強すぎ。(笑)

強すぎって言うか
どっから弾き始めてんねん!(笑)

ん、うん…

ま…まぁ…

プレイヤーズ・コンディション的には
キープしてるから
いいか。(笑)
_
新妻
今年も
もうすぐ終わりますな。

なんだかんだと いろいろあったけど
今年は近年に比べたら良かったかなぁ。

まぁ、
近年が悪すぎたね。(笑)

公私の"私"が。

"公"の方(バンドが"公"なのか?)はというと、
SQUEEZEとは別に
ナオキとやってるアコギデュオ、
Borders(休養中)を
来年はわりと本格的にやろうかねって話をしてて、
ならばちゃんとしたアコギが欲しいね~
なんて言ってたら

買いやがった!



Gibson Humming Bird

マジかよ…。

このハミバの横で
TOKAI Cat's Eye を鳴らせと?(笑)

そうか…

"いつかは一生モンのアコギを!"
とはツネヅネ思ってはいたが

そうか…

多分それは今なんだ。(笑)

もう勉強したもんね。
だって "一生モン"やもん。
言ってみりゃ嫁さん貰うのと一緒!

あれ?

今の俺的には 失言 やったかな?(笑)

ま、まぁ、
そのくらい真剣に調べ上げた。

まず、
音のイメージとして
ワイルド&ラウドなイメージは決まってるから
ギブソンは即決定。

問題は機種だ。

候補はDOVEかJ-45。
ビンテージ狙いだから
もちろん値段もそれなりにする。

あぁ、
ダメだ…

ネットの画像を見れば見るほど
ちらほら目にはいる
ヤツが気になって仕方ない。

それはまるで
一度 諦めた娘が気になって気になって
仕方ないように。(笑)

スクエアショルダーのイカリ肩、
"鳩(DOVE)"ほどいやらしくないルックス、
"働き馬(J-45)"よりも放つ強烈な個性。

そう、
その名は

Humming Bird

やっぱね~、
昔から憧れの女性やったもんね~。

一日遅れでサンタがやって来たと言おうか、
いや…、
やはりココは

嫁さん貰いました。(笑)



年式に関しては
俺はコレクターではないので
インレイの形状とか
トップベリーとか
ピックガードのハチ鳥の塗装が黄色一色とか
どーでもいいんやけど、
とにかくトップ板強化のダブルXブレーシングになる70'年以前が良くて。

あと、できたら、
ギブソンのオーナーが変わり、
生産工場もカラマーズからナッシュビルに移り
転居に対応できない職人を残していったと言われる69'年以前。

そしてついに出会った
1968年製の一つ年上。

「年上の女房は金の草鞋を履いてでも探せ」

俺みたいなアマちゃんには
ちょうどいいと思います。(笑)


【p.s.】

ナオキがナチュラル、
俺がチェリー・サンバースト、
そして共に Humming Bird 。

当然、
そのスジの人が思い出すのは…



ですよね。(笑)
_
悪夢
昨日は忘年会…
じゃなかった、

THE SQUEEZE
今年最後のライブでした。

んーと…、

楽しかったよね。

同年代の気心知れたバンドばっかで、
普段から切磋琢磨しつつ
大好きなヤツらばっかで。

楽しかったよね。
いや~、楽しかった!

…なんやけど、
ライブを観た方々は知ってるよね。

今年最後のライブ、

やらかしました。

二曲目、
うちの代表曲(笑)
"ロマンス・ナビゲーター"

変な音。

カポがうまくはまってなくて
始終 不協和音。

聞き苦しかったであろう
みなさん、

申し訳な──────い!

しかしあの曲中、
メンバーはモチロン
お客さんのほぼ全員の苦笑いの
あの風景と言ったら…

あれ、

夢に出て来るやろうなぁ…。(笑)

オープニングAのセッション
1, モンキーズ・バイブル
2, ロマンス・ナビゲーター
3, キンキー・アフロ・ビート
4, ピストル・ブギー
5, キャット・バルーン
6, バタフライ
7, ゲリラ


【p.s.】



















セッション~









【p.p.s.】



「来年もヨロシク頼むぜ!」
by Yama
_
牡蠣
昨日は
毎年のイベント

"牡蠣小屋・女子会ツアー"(笑)

行って来ました。

糸島半島は岐志漁港のかき小屋通りの
一番奥にある"大黒丸"



メンバーの一人が
どーしても「ハマグリが食べたい!」って
言うもんだから
唯一 メニューにそれがあったこの店に決定。



いや~、
前回もこの岐志漁港に来たんやけど
そん時はシーズン的にそうだったのか、
はたまた店のチョイスが悪かったのか
牡蠣が小ブリやったとね。

まー今回は
牡蠣ちゃんプリップリッ!

もう一回 言うよ。

牡蠣ちゃんプリップリッ!(笑)

いや~、
最高でしたね。

牡蠣はモチロン、
ハマグリもサザエもマグロカマも!



【p.s.】

牡蠣小屋ってさ
殻付きのを炭火で焼くんやけど、
行ったことある人は知ってるやろうけど
アレって時々 殻の中から
プシュ!って強烈な勢いで液を飛ばすとよね。

それで服を汚さないために
どの店もビニールジャンバーを用意してて
それを着て食べる。

軍手をしてね。



んで、
焼きながらひっくり返してたら
プシュ!って。

プシュ!って!

直撃したのはジャンバーでもなく
顔でもない。

殻を持ってた指。

殻の中で沸騰した
激アツの美味い汁が人差し指の軍手に。

コレがどういう事か
おわかりになるであろうか。

チョー熱い液体が軍手に染み込み
この熱さを保持したまま
指に密着し続けるのである。

しかるに…



火傷する。
_
関鮭
小6の娘がさ、
ネットの画像 見せて
似たようなの作れっつーの。



なんでも
年明けに行く関ジャニのコンサートに
持って行くらしい。

めんどくせぇなぁって思いながらし始めたんやけど、
作ることに関しては
性格上 本気になってくるとよね。

A型だから。(笑)

どう?
このクオリティ!





鮭の口もとが ちゃんと鮭っぽくて
いいっしょ?(笑)

【p.s.】

で…

"鮭して☆"って何なん???

【p.p.s.】

そんな
アイドルにうつつをぬかす(笑)ようになった娘が
26日に12才になった。

俺が12才の頃は
「セーラー服と機関銃」の薬師丸ひろ子に
うつつをぬかしてた気がするが。(笑)



そんな関ジャニ好きな娘の特注ケーキは
"エイトレンジャー"のオレンジ色の人。
_