辣韮の憂鬱
Koach's Blog
故障
いつ終わるんでしょーか…。

相変わらず毎夜のレコーディングは
続いてるわけで。

オケが出来上がり
山善が喜ぶその時を楽しみに
日々頑張ってます。

ワタクシ、
けっこう長々とバンド活動しとりますが、
昔から兎に角 機械トラブルが多い。

原因はギターやアンプ、
エフェクターにシールドサマザマ多様。

スタリハだろうが
ライブだろうが、
そしてレコーディングだろうが。

そして…

そう。

今回のレコーディングもしかり。

今回はレコーディングが始まってから手に入れた
メッチャ気持ちよく良くさせてくれ
弾く気にさせてくれ
幸せな気分にさせてくれた
お気に入りの…

アンプです。

元々、ドライブチャンネルの不具合の状態で手に入れ、
修理に出して万全の状態で弾いてきたんやけど。
さぁ、追い込み!と調子を上げていたところにトラブル発生。

ピックを弾いた直後にノイズが…。

翌日、修理に出したものの工房から電話があり
「症状がでない。」と。

とりあえず状況から推測して原因の可能性大である
プリ管を交換。

そして昨夜
音を出してみたら
やはりノイズがする。

そこでレコーディングは中断し
男だらけの真夜中の分解作業。



いろいろアレコレつけたり外したり交換したり探ってみるものの
原因は判明しない。

また今日からドック入りです…。

しかし、なんでこんなに昔から
機械トラブルが多いんだろ?
尋常じゃない。

こうなると
もはや原因は

俺?(笑)



追記

工房に出して来ましたが
いわく

「この手のノイズは聞いたことがない…。」

だそうです…。
_
驚愕
連日、
山善 & THE SQUEEZE の
Brand New Album のためのレコーディングを
連日のように深夜まで続けている訳ですが。

6月の中旬頃から始めて
いい加減まだ終わらんのかい!
と言う声も聞こえて来そうではあるが
終わらないものは終わらない。(笑)

6/11~13のベーシック録り以降
ほぼほぼ俺とナオキのギター録りに
明け暮れてます。

こないだは
アコギの曲を録って
ハミングバードの登場やった。



コイツは音色は極上なんだが
ブリッジの構造上 鳴りが弱い。

まぁ別にソコはあまり俺的に求めてないので
“ まーヨシ ” やったんやけど
ちょっとピックガードを取ってみようと。

もちろん、
アコギはボディに響いて “鳴る” わけだから
ボディを押さえつけてるピックガードを外せば
当然 もっと鳴る。

また このピックガードが厚いし。

で、外してみたんやけど…



もうビックリ!

驚愕の激変!

鳴るは鳴るはで
感動すら覚えた。

ちょっとルックスはアレになっちゃった(笑)けど、
俺は嫌いじゃない。

ピックガードがないことで
ハミングバードに見えず
得体の知れないルックスに
この “音色“ と “鳴り” 。

逆になんとも愛おしい。(笑)

ただ…
外されたピックガードちゃんが



悲しそう。(笑)
_