辣韮の憂鬱
Koach's Blog
帰省
in 広島。

生まれた街に帰って来た。
今となっては福岡の方が倍以上も長く住んでるが、やはりそこは生まれた地、多感な時代の舞台、風景は毎年変わってもいろいろなことが蘇る。

高校当時、ストーンズなんかやってくれるヤツいなくて初めて組んだバンドはピストルズのカバーバンドだった。
そういやガーゼシャツなんか着てたな(笑)
バンド流行ってたけどまわりはBOØWYやレベッカとかばっかで、そんなヤツらバカにしながら俺たちイキがってて。
その頃の友達はバンドマンとバンドガールばっかで、毎日のように馬鹿なことばっかして、くだらないことで笑いあって、毎日が楽しかった。

今だに広島に帰ると何人かに会うんだけど、今回 会いに来たのはその頃の友達…ただし墓の下。

高校卒業して東京に出て行ったヤツなんだけど、バンドで東京にツアーに行った時も会いに来てくれた。
元気でやってるものと思ってたのに、七年前の今頃、アル中になって東京の道端でのたれ死んだ。

いつもバカやってみんなを楽しませてくれるヤツだった。
女のことでいつも悩んだり泣いたりする純粋なヤツだった。
ハードロックが好きで重いビートを叩くヤツだった。

のぅ、まだわし あいも変わらずギター弾いてバンドしよるんよ
えぇオジサンなのにのぅ
笑うじゃろ?
今のバンド、ぶちカッコええんじゃけぇいっぺん見に来んさいや

好きにしんさい

そう聞こえた気がした。


追伸
珍しく三日連チャンでブログ書いたら
三日連チャンで死んだ人の話やね…。
しかし、夜の墓場はとてつもなく怖い…。
_
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック