辣韮の憂鬱
Koach's Blog
尖照
18か19才の頃さ、
ニコ下のすっげぇ好きな娘がいて。

まぁ、何かやたら病んでて
いつも「所詮人間は一人だ。」ってのが口癖な
パンクネェちゃんでさ。(笑)

その娘の家に遊びに行った時、
「腹へった~!」って言ったら
オムライス作ってくれるって言うの。

おぉ!
こんなパンクなネェちゃんなのに、
シドネックチェーンなんかつけてるくせに、
そんな意外な家庭的な側面がっ?!

今思えば
俺はあの頃からツンデレに弱かったんやなぁ。(笑)

「ただ待ってるのはアレだから
作ってる間にこの曲をギターでコピーしてて!」
って、カセットテープをデッキに入れて
スタートボタンを押して部屋を出て行った。

流れて来たのは
ストーンズの
" She Smiled Sweetly "

お互いストーンズが好きやったんやけど
渋いとこついて来るよな、この女。

20分くらいして戻って来たんやけど…

コピーできなかった。(笑)

アレって微妙にコードがわかんないんだよ!

オムライスはモチロン
最高に美味かったけどね。

そして今日、
なぜかその曲が聞きたくて聞きたくて
たまらなくなってしまってさ。

家に帰って何度も何度も聞いてたら
今度は弾き語りしたくなった。

やっぱ微妙にわからん!(笑)

そもそもこの曲にギターなんか
入ってないし。

まぁソコは今の世の中
ネットっつう便利なモンがありますわな!

ちょっと自分的に反則な気がしたけど
早く弾き語りたいっ!

そう思い、
検索したら腐る程出で来んのね。
おかげで気持ち良く歌えました。

いい曲だねぇ。

一人、部屋で何度も何度も歌ってたら
あの娘を思い出してしまった。

どこで何をしてんのやら。

あの頃みたいにツンツンしてて、
そして たま~に誰かさんのために
甘く微笑んだりしてんだろうか?

なので今は
どーしようもなく

オムライスが食べたい!!


_
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック