辣韮の憂鬱
Koach's Blog
河童
学生の頃、
いろいろアルバイトしてて。
バンドマン金ないからさぁ。

その中でスイミングスクールの
インストラクターしてた事があって、
小学生とかに教えてた。
SPEEDの競泳パンツ履いて(笑)
初日、ロッカールームから出れなかったもん、
恥ずかしくて。

いやぁ、俺ってば結構 泳げるのよ。

誰がカッパやねんっ!

まぁ一人ツッコミはいいとして。

でも、何が困るって
泳げないクラスを教えるのが一番困る。
幼稚園児だったりするし、
なにせ水が怖いんだから。

どうせぇっちゅうねん!

小学生って生意気なんだよ。
特に女子。
「バイトのくせに」なんて言いやがるしさぁ。
でも、月一の進級テストで
「どうかなぁ、ギリやなぁ」って子が受かると
嬉しくて感動したもんだ。

でさ、ある時4級のクロール教えてて、
小4の目のクリっとした可愛い子がいてさ、
その子が
「バンドしよっちゃろ?
わたしの叔父さんもバンドしようとよ~。」

その子のスイムキャップにはとても大きな字で

苣木

と書いてあった。

嫌な予感がしつつも
「ん~…、叔父さんのバンドの名前ってわかる?」
と聞くと

「え~と…もっず~」

プロやんけ!!(笑)

ちなみに…
コーチコーチ
と、呼ばれてました(笑)
_
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック