FC2ブログ
辣韮の憂鬱
Koach's Blog
一人
昨日は
Golden13's presents
パーシーズ 25周年企画

Dynamite GP vol.1



に、
Ben Trendy として
弾き語って来ました。

実はベン・トレンディ
20年以上前に二回だけやったことがあるのだ。





そして今回
このイベントに当時を知る人から
ベン・トレンディで出ないか?と
誘われたのが発端。

最近、
“一人で弾き語りをしてみたいなぁ
でも、勇気がないなぁ”
なんて思ってたとこへの誘いだったので
こういう機会でもなけりゃ俺なんて一生 せんゾ、と
ばかり快諾しました。

まー、
それからはプレッシャーの毎日。

普通に弾き語りなら歌とギターの練習だけですむとこが
ベン・トレンディは企画モノ。(笑)

国籍も詳細はいっさい不明。
性別は男ってくらいしかわからない
正体不明の人物。
アフロの頭でギターを抱え
派手な服を着て歌う。

と、いう設定(笑)なので
カツラから服から靴から揃えなくちゃならない。

オマケに
スクイーズのライブや
山善との広島ツアー、
スタリハや友達のライブ、
もう忙しくて忙しくて
ライブ当日にバタバタと衣装を買う始末。(笑)



出番はトンパツと、
各バンドの転換時 計3回二曲づつ。

出てくるたびに
衣装を変えてやろうと思ってさ。(笑)

古着屋でオバさんチックな柄のシャツを
買い物カゴに入れまくった。

6曲歌うんやけど当日になっても
聞かせたい曲が自信なかったり
キーが合わなかったりで
曲を絞りかねてて。

結局 最初と最後だけ決めて
本番その場で曲を決めました。

あとさ、
いつも誰かの横でギターを弾いてきた人間にとって
センターでたった一人で歌うというプレッシャーは
半端ない。(笑)

今回、、ヴォーカリストという人種を
改めて尊敬した。

だって
お客さんの視線を集中して浴び、
お客さんを喜ばせるMCをして
反応が悪くても心折れないメンタルの強さ。

俺には無理だよねぇ。

っていうのを今回やるんだから
相当のプレッシャーだったよ。

4年ぶりにTwitterに呟いてしまったくるらい。

逃げたい。

って。(笑)

ま、
どんなに嫌がってもイベントは始まるワケで。

始まったらやるしかない。

今、俺にできる精いっぱいを出して来ました。





二部目二曲目はミケと。



三部目はまさかの





二階席から。(笑)


SE : 愛がすべて [The Stylistics]

01, Cheap Tequila [Johnny Winter]
02, Winona [Matthew Sweet]

01, One Of Us [Joan Osborne]
02, 夢見るNo.1 [Blondie]with Mike Trendy

01, Look What You've Done [Jet]
02, はじめてのチュウ [あんしんパパ]

知り合いも見てるワケで
絶対

「コーチ~!」

とか言われると思って
そしたら

「コーチじゃねー!あんなハゲと一緒にしないでくれ!」って返せばウケるかな?って思って用意してたの。

“コリャ鉄板だぜ~!” って。

そしたらみ~んな
この設定を律儀に守って

「ベン~!」とかしか言わないの。

まいったよ。(笑)

次回 演るなら
普通にしたいな。

コーチとして。


【p.s.】

チェッカーズ メドレーにも参加しました。

センターはやっぱ恥ずいね。



ゴールデン13ズ + パーシーズでベースを弾く



ヤマちゃん…?(笑)


【p.p.s.】

ロンドンブーツは
歩きにくい。(笑)




【p.p.p.s.】

パーシーズ 25周年

おめでとー!



ミサちんの網タイツでの
“ 渚のシンドバット ”には悩殺されました。(笑)
_
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック