辣韮の憂鬱
Koach's Blog
梔子
若い頃付き合ってた女性から勧められて
好きになった星野富弘さん。

何冊も詩集を持ってるけれど
忘れることなく心にずっと留まる詩が
いくつかある。

その中の一つに
『くちなし』というのがあって
“人の悪口は言うまい”って詩なんだけどさ。

“良い”とか“悪い”とか、
“好き”とか“嫌い”とか、
“正しい”とか“間違ってる”ってのは
あるよね。

ソレを言っても聞かされてもいいんだけど、
“憎しみ”を含んだ言葉は
言いたくもないし聞きたくもない。

最愛の人を傷つけられたり奪われたりしたのならまだしも、
ただの嫉妬で言う悪口は最悪だよ。

人の評価を下げれば自分が上がる
とでも思ってるのかな?

言えば言うほど自分の評価が下がっているのを
なぜ気がつかないんでしょう?

また
善意で言ってると思ってるとこが
困ったりする。

俺の悪い噂とか
ソレが事実と違うことも多々あったけど
そんなのは別にどーだっていいのよ。
たいした人間じゃないし、
良く思われようとも思ってないし。

どーぞご勝手に。

バンドの悪い噂もよく聞くよね。

なんか尾ヒレついてたり
違ったり。

まーソレも
俺たち気にしてないよね。

不誠実なことをせずに
好きなことやってるだけだから。

どーぞご勝手に。(笑)

ただ、
たださ。

俺に人の悪口や
悪い噂を聞かせないで。


『くちなし』

鏡に映る顔を見ながら思った

もう悪口をいうのはやめよう

私の口から出た言葉を

いちばん近くで聞くのは

私の耳なのだから




星野富弘さん
鈴の鳴る道―花の詩画集より
_
大蒜
昨日の日曜日は
小郡市にあるジラソーレっていう
イタリアン・レストランの4周年のパーティーに
山善の弾き語りもあって
ナオキと行って来ました。



二部構成でタップリしんみりと
山善を堪能してきました。

やっぱ
山善の声というのは
とんでもなく存在感があるんだよね。

問答無用で山善の世界に引きずり込まれ
否応なく全てを納得させられる感じ。

二度目のアンコールでナオキと呼んでもらい
ブランニュー・アルバム『BOSS』から
“オン・ザ・ロード・アゲイン”。
そしてテンパーズのシンスケさんも交えての
“田舎へ帰ろう”
“ルート66”で幕を閉じました。

楽しかった~。🎶



山善、
勝手に壁にメッセージ書き込んでるし。



「お前たちも書け!」
なんて言うから



サインして来た。(笑)

あとはもう一つのお楽しみ。
ジラソーレのイタリアン料理。

前日にジラソーレのFBに
グツグツと煮えるアヒージョの動画があがってて、
もうそいつを食べたくて食べたくてさ。(笑)



もう大満足!

今朝、
ナオキから

「どーもメチャクチャにんにく臭いらしい。」と
連絡があった。

今日は一日中
マスクしてました。(笑)




【p.s.】

4周年
おめでとうございます!



_
井蛙
最近 変わってきた。

極度の“ 悪い意味での緊張 ”を
しなくなった。

あんまり緊張が過ぎると
まわりは見えないは
力み過ぎて握力はなくなるは
いいフレーズは出て来ないはで
いい事なんか一つもありゃしない。

昔、
バンドの先輩がライブを終えた俺に

「なんでいつものコーチのままでライブしないの?」

と言った事がある。

当時は
“ ロックバンドはこうあるべき ”とか
くわえタバコだのアクションだのカッコばかりつけてたり、
ステージで笑っちゃいけないとか
イメージばかりにとらわれてた。

お手本だったストーンズの映画
『夜をぶっとばせ』のキースが
全編一回も笑ってなかったからね。(笑)

その先輩の言葉はずっと心に引っかかってて
やっと最近になって理解できた気がする。

俺、
子供の頃から八方美人でさ。

人に良く思われたいとか思ってるから
いつも無理して精神的に疲れて
それが嫌で人に会うのも億劫になるんだよね。

人見知りな原因はソコかもね。

やっと最近になって

別に良く思われなくてもよくね?
好かれる必要なくね?
自分じゃない自分以上を出す意味なくね?

だってソレ自分じゃないよ。(笑)

そう思ったら凄く楽になってさ。

ライブも
等身大の俺で。
その時 今ある全てを出すだけ。
下手くそなりに一生懸命 真剣に本気で。

コレが今の俺だぜ!

すると
どーだろう。

緊張しなくなったよね。(笑)

20年前の “ あの言葉 ” は
予想以上に深かった。

そして
何故ずっと心に引っかかってたのかも。

どう足掻いたって努力以上のもんは
出やしないんだよね。

センスの良さは
知識量の多さだと思う。

自分勝手じゃない自分らしく。
今の自分をもっと良くするために
向上心を持って。

蛙は鳥にはなれないけど
オタマジャクシは蛙になれるんだよ。

井の中の蛙は大海を知らない。
でも空の深さは知ってるんたぜ。

そんな “ オタマジャクシ ” を
好きになってくれたら最高じゃね?

さて、

蛙になれるか?(笑)


【p.s.】

もちろん集中するための
“ 凛とした緊張 ”はしてマス。
_
首領
やっと終わった…。

去年の1月から始動したプロジェクト。

リハを重ね、
6月から録音開始。
それからコツコツと音を重ねていって
山善の歌録り。

そして昨夜のレコ発ライブ。





一年以上かかったけど
ひとまず一区切り。

長かった…。(笑)

ライブは
お客さんもいっぱい来てくれて、
トラブルメーカーの俺も珍しく(笑)問題もなく、
みんなの演奏も順調で
大成功のうちに幕を閉じました。

あらためて
山善の偉大さを再認識したかなぁ。

俺たちの“BOSS”は
やっぱ凄かった!

ひとまず一区切り。

でもYAMAZEN & THE SQUEEZE、
どんどんライブ入ってきてるんだよね。

まだまだ行くよ!







































アンコールではもう一人のBOSS、
石橋さんも登場!











2017/04/07
YAMAZEN&SQUEES
長浜 CB 「BOSS」レコ発

set list

THE SQUEEZE

1、ハングリー・マン
2、サーティーン
3、ロマンス・ナビゲーター

YAMAZEN & THE SQUEEZE

1、ONE MORE TIME
2、カミナリ天国
3、エンジン全開(新曲)
4、イタチ野郎「新曲)
5、CANDY(新曲)
6、生意気なお前(新曲)
7、月の無い夜(新曲)
8、CRAZY TOWN
9、MODERN BOY
10、6,600V
11、ハリケ-ン娘
12、可愛いアノ娘
13、キャデラック

アンコ-ル
14、ON THE ROAD AGAIN(新曲)
15、田舎へ帰ろう
16、AROUND&AROUND
17、ROUE 66

アンコ-ル

18、STAY WITHE ME


【p.s.】

リハーサルの時、
総合プロデューサーの石橋さんが
セッテイングしてる俺のところに来て
「コレば足元に置いときやい。」と
持って来た白く丸い物体。



いわく

“コーチ対策”

というシロモノ。

演奏中、
俺のチューニングがくるうやいなや
石橋さんが手元のスイッチを押すと
遠隔操作でこの物体が光る、という…。(笑)

前回のライブでやらかした実績が
あるからね~。(泣)

まぁ
信用はされてません。

実際
ライブ中 何度か光りました、
この“コーチ対策” 。

気づいた人いるんじゃないかな?
けっこう目立って光ってたらしいし。

MC中にチューニングが終わったのに
光るというイタズラも受けましたし。(笑)


【p.p.s.】

今回、
なにが後悔したかって、
ライブも成功し
打ち上げも楽しく、
無事 帰路に着いて気づいたけど…

ボタンフライを全部 閉めてなかったことかな。



ライブ終わって着替えてからは
トイレに行ってないから

ライブ終わってからずっとだよ。(笑)


※ 写真、FBあちこちから
無断転載です。(笑)
_
愛幸
今日は
明後日 4/7 福岡CBでの
NEW CD『BOSS』発売記念ワンマンライブの
プロモーションに
UST TV

ジャガー・イケミのLOVE & HAPPINESS

に出演して来ました~。

なんか始まる前は緊張してたけど
始まってしまえば池見さんと山善にまかせとけば
オールオッケーやったから
楽しかった~。

しばらくはココから見れるみたいなんで
ヨロシク~。

https://www.youtube.com/watch?v=r_Lw0g1dT7c




_